台風19号の影響によりコロックは延期となりました。




精神分析の過去と未来

(第8回東京精神分析サークルコロック)



 日時: 2019年10月13日(日) 10時-18時
 場所: 早稲田大学戸山キャンパス36号館 AV教室2
 主催: 東京精神分析サークル、早稲田大学大学院文学研究科表象・メディア論コース

 参加無料、事前登録不要(どなたでもご参加できます)


このたび東京精神分析サークルでは、昨年度に引き続き、ラカン派精神分析に関するシンポジウムを開催する運びとなりました。

詳細は以下のとおりです。精神分析に関心のある方は、どうぞ御気軽に御参加ください。

※なお昨年とは使用する教室が異なっております。ご注意ください。

                    


プログラム

10:00 開会の辞(向井雅明)

第一部「研究発表」

10:15 山﨑雅広 「鏡の中の子ども――ラカンにおける鏡像段階論への前進」
11:15 片岡一竹 「ラカンの〈ヒューマニズム〉について――ヘーゲル哲学との関係から」
12:15 工藤顕太 「フロイトの自伝と精神分析の知」

13:15 昼休憩(75分)

第二部「自閉症的主体のために――臨床と思想」

14:30 中野正美 「Autism を生きるということ――事例からの一考察」
15:00 河野一紀 「主体と身体――イマジネールの再定義をもとに」
15:30 全体討議

16:00 休憩(15分)

16:15 松本卓也 「アフィニティ・セラピーとマイナー文学」
16:45 向井雅明「自閉症と欲動」(同上)
17:15 全体討議(同上)

17:45 閉会の辞(向井雅明)
18:00 閉会


(19:30より近隣にて懇親会)

                    



なお、ポスターは以下のようなものになっています。

【日付修正】第8回コロックポスター画像

 PDF版を入手したい方は以下のアイコンをクリックしてください。

【日付修正】第8回コロックポスターpdf
2019/09/23(月) 08:40 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)