その2
向井雅明先生による開会の辞