【重要なお知らせ】諸般の事情により、現在勉強会を休止しております。
再開になりましたらこちらでもお知らせいたします。
何卒ご了承くださいませ(2017/10/4)


定員に達したため、締め切らせていただきます。ご了承ください(2017/9/10)

なお、参加される方は、下記の「日時」の変更と「テキスト」の追加をご確認ください(2017/9/12)

30日(土)の会はお休みになりました。ご了承ください(2017/9/27)



このたび、精神分析の臨床論を主題とした研究会を企画しております。

本研究会はまず初めに、下記に提示したテキストにおいて取り上げられている事例と臨床視座を議論するところから始めたいと思います。
この著者はフランスの女性精神分析家であり、本書においてはラカン派の臨床の実際が紹介されています。本研究会は、本書の監訳者の向井雅明氏を中心に、ラカン派精神分析の臨床論について考察を深めることを主要なテーマとします。

ラカン派の精神分析は今まで日本において哲学や現代思想といった人文科学を通じて紹介される機会が多かったため、心理臨床においては様々な誤解や誤認が引き起こされてきました。本書においてはそれらを再考するに十分な臨床素材と視座が提供されています。そして、その底流にはフロイトの思考に深く根差した視座が横たわっていることを確認していただけると思います。

したがって、本研究会はラカンに関心のある方はもとより、精神分析の諸学派、精神分析以外のすべての臨床諸学派、および臨床に関心を持たれる学生の方々などの参加を広く歓迎します。異論、反論、批判などの多様なご意見は、臨床の場と同じく大いに歓迎します。

本研究会でなされた貴重な議論とその成果は、今年度の「日本心理臨床学会 第36回大会」の自主シンポジウムの報告に結実させ、当日のさらなる開かれた議論へと差し向ける予定です。学会会員の方はこちらの企画にもご参加いただければ幸甚です。 

では、奮ってのご参加をお待ちしております。




名称: 「精神分析と心理療法」研究会

日時: 2017年9月23日30日(中止)
    10月7日14日21日28日
    11月4日11日(全8回、毎週土曜)
    時間は、17時から19時頃まで

現在休止中

場所: 駒澤大学 駒沢キャンパス 禅研究館3階 教場304
    東急田園都市線「駒沢大学駅」下車
     https://www.komazawa-u.ac.jp/access/

テキスト

ラカン「真の精神分析と偽の精神分析」
(原文は Autres écrits 所収。参加者には訳文(向井訳)をメールにてお送りします)
※こちらの論文を先に読みます

ソニア・キリアコ『稲妻に打たれた欲望――精神分析によるトラウマからの脱出』向井正明監訳、誠信書房、2016年。

参加費は無料です。

詳しくは、中野正美(info-01@shibuya-therapy.org)までお問い合せください。



【補足】
日本心理臨床学会における報告については、詳しくは学会ホームページの大会案内をご参照ください。概略は下記です。

学会・大会名: 日本心理臨床学会 第36回大会 自主シンポジウム3
会場: パシフィコ横浜
発表日時: 2017年11月18日(土) 15時30分から17時30分まで
演題: ラカン派精神分析の臨床論――ソニア・キリアコ『稲妻に打たれた欲望』を読む
登壇者: 河野一紀、向井雅明、中野正美
参加資格: 日本心理臨床学会会員


『他のエクリ』を読む/ジュイッサンスのゆくえ

(第6回東京精神分析サークルコロック)



 日時: 平成29年3月19日(日) 10時-18時
 場所: 早稲田大学戸山キャンパス36号館 382教室(AV教室2)
 主催: 東京精神分析サークル、早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系

 参加無料、事前登録不要(どなたでもご参加できます)


 このたび東京精神分析サークルでは、昨年度に引き続き、ラカン派精神分析に関する講演会を開催する運びとなりました。
 詳細は以下のとおりです。精神分析に関心のある方は、どうぞ御気軽に御参加ください。

                    


プログラム

10:00 開会の辞(向井雅明)

第1部 『他のエクリ』を読む(前編)

10:15 山﨑雅広「「レトゥルディ」を読む」
10:50 工藤顕太「精神分析の自己規定と事後性の論理」
11:25 指定討論(原和之)&質疑応答

12:00 昼休憩(60分)

第2部 『他のエクリ』を読む(後編)

13:00 上尾真道「『エクリ』後のエクリ――「症状ジョイス」の読解の試み」
13:35 中野正美「「ローマ講演」――ラカンの1953年読解」
14:10 向井雅明「エクリと他のエクリ」
14:45 指定討論(原和之)&質疑応答

15:20 休憩(15分)

第3部 共同討議「ジュイッサンスのゆくえ」

15:40 基調報告:片岡一竹「ラカンにおけるジュイッサンス概念の変遷」
16:15 基調報告:河野一紀「ラカン的領野はいま――ジュイッサンスと身体・愛・紐帯」
16:50 共同討議(松本卓也河野一紀十川幸司片岡一竹向井雅明
17:50 閉会の辞(向井雅明
18:00 閉会
(19:30より近隣にて懇親会)

                    



なお、ポスターは以下のようなものになっています。

第6回コロックポスター


 PDF版を入手したい方は以下のアイコンをクリックしてください。

第6回コロックPDFポスター第6回コロックポスター



 2016年3月20日(日)、早稲田大学戸山キャンパス36号館382教室(AV教室2)にて、第5回東京精神分析サークル主催コロックが開催されました。

 春麗らかな気候の中、100名近くの来場者をお迎えし、活発な議論が交わされました。
 コロックの詳細は近日当ホームページでお知らせするほか、戸山フロイト研究会誌『psychA』第3号に特集記事を掲載予定です。

 第5回コロック2